2022年-リリースノート


"

Lychee Redmineユーザーの方は、Lychee Redmine製品ならびにドキュメントは、「Lychee Redmineユーザーサポート」サイトからからダウンロードいただけます。

2022年5月リリースノート

 

2.3.1(2022-05-10)

Lycheeプロジェクトレポート

機能追加 ・プロジェクトのスケジュール差異(SV)・コスト差異(CV)をひと目で把握できるよう、EVMパネル上で確認できるようにしました。
これにより、今まで手計算で行っていた作業や手間を省くことができ、プロジェクトの報告業務にかかる時間を短縮できるようになります。

(スポンサー様による機能追加です。ありがとうございます。)

機能改善/仕様変更 ・フィルタ条件に指標を選べるようになりました。
 これにより、「プロジェクトの中でタスク消化率は良いが、バグ消化率が悪いものだけを見たい」といったケースに対応でき、プロジェクトの健康状態を意識した絞り込みができるようになりました。
 こちらはカスタムクエリとして保存もできます。

【注意点】
指標のフィルタは、該当の指標が表示項目となっている必要があります。
そのため、カスタムクエリ作成時には該当の指標も表示項目として設定いただくようお願いいたします。
また、指標のフィルタでは条件にあったプロジェクトおよびバージョンの行のみが抽出されますのでご注意ください。
これらについては今後、操作性・視認性の面から改善予定でございます。

・全体レポートでプロジェクトの開始日、終了日が把握できるように、「表示する項目」に
[プロジェクト開始日・終了日]を追加しました。
これによりプロジェクトレポート上で各指標値の妥当性や状況の判断がしやすくなりました。

- [プロジェクト開始日・終了日]列はプロジェクト開始日でソートされます。

- プロジェクトの開始日および終了日が設定されていないときはブランクで表示されます

・視認性を向上させるため、UI改善を行いました。


1.0.10(2022-05-10)

Lychee CCPM

バグ修正 ・不具合を修正しました。

2022年4月リリースノート

 

1.1.1(2022-04-05)

Lycheeベーシック(ダッシュボード)

機能追加 ・Lycheeダッシュボードがパワーアップしました

-パネルの複数追加・配置
-カスタムクエリの適用
-グラフパネルでの表示軸の変更

パネルの複数追加ができ、また配置の変更も可能となりました。
また、これまでは決まったチケットリストのみ表示されていましたが、
カスタムクエリが設定できるようになり、より状況に合わせた情報を表示することができるようになります。
従来よりさらに自由度が高まり、様々な情報をリアルタイムで確認しやすくなりました。

機能改善/仕様変更 ・ダッシュボードの権限が指定できるようになりました。
これによりダッシュボードを操作する対象者の設定ができるようになります。
※閲覧については、「チケットの閲覧」の権限の有無で表示・非表示の設定は可能です。

・プロジェクト毎で、ダッシュボードの表示のON・OFFの設定ができるようになりました。

 対象プロジェクト設定>プロジェクト>モジュール


4.5.2(2022-04-05)

Lycheeスケジュール管理(カンバン)

機能追加 ・チケット編集フォームがパワーアップしました。
 これまでチケット編集画面に遷移しなければできなかったコメント記入、およびコメントの履歴閲覧が可能となりました。
 チケットに関わる操作がカンバン・バックログ上で完結しやすくなりました。
機能改善/仕様変更 ・カンバンとバックログでモジュール設定を分けれるようになりました。
従来バックログはカンバンに集約されていましたが、カンバン、バックログそれぞれで表示/非表示が選択できるようになりました。
バグ修正 ・不具合を修正しました。

2.7.1(2022-04-05)

Lychee工数リソース管理(タイムマネジメント)

バグ修正 ・不具合を修正しました。

1.6.0(2022-04-05)

Lycheeベーシック(プロジェクトビュー)

機能改善/仕様変更 ・プロジェクト一覧にCCPMとプロジェクトレポートのショートカットアイコンを追加しました。
・遷移先
 - CCPM:当該プロジェクトのフィーバーチャート画面
 - プロジェクトレポート:個別レポート画面

1.2.7(2022-04-05)

Lycheeベーシック(チケットスプレッドシート)

バグ修正 ・不具合を修正しました。

1.7.8(2022-04-05)

Lycheeベーシック(ライセンスマネージャー)

バグ修正 ・不具合を修正しました。

2.2.1(2022-04-05)

Lycheeプロジェクトレポート

機能改善/仕様変更 ・各指標の設定情報が一覧画面で把握できるように、表示項目の追加およびUI改善を行いました。

<追加された項目>
 ・分子
 ・分母
 ・営業日数経過率の考慮
 ・親チケットを計算に含める
 ※指標テンプレート「カスタム」の場合は設定値が表示され、カスタム以外の場合は「-」が表示されます。

・従来、「マネージャー」「サブマネージャー」で固定されていたものをユーザー型のカスタムフィールドに変更し、
より組織に応じて自由に設定していただけるようになりました。
こちらは今まで同様全体レポートでの表示が可能で、個別レポートの体制パネルでもご利用頂けます。

以下の設定は廃止いたします。
各プロジェクトの 設定>レポート タブ にある、マネージャー・サブマネージャーの設定


2022年3月リリースノート

 

4.9.15(2022-03-01)

Lycheeスケジュール管理(ガントチャート)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

4.4.4(2022-03-01)

Lycheeスケジュール管理(カンバン)

機能改善/仕様変更 ・カンバン画面で、他のユーザーが更新した内容が自動で反映されるようになりました。
これにより都度リロードする必要がなくなり、複数人での作業状況の共有や調整がより行いやすくなりました。

・カンバン画面で、ワークフローが異なるトラッカーも同一タブ内に表示できるようにしました。
これにより、例えば親子チケットでトラッカーが異なる場合も、タブを切り替えることなく確認出来るようになり、タスク全体の把握を行いやすくなりました。
管理 > 設定 > カンバン より、同一タブ内に表示するトラッカーのグループを設定できます。


2.1.7(2022-03-01)

Lycheeプロジェクトレポート

機能追加 ※EVM利用時
・指標作成時に、新たに「指標種別:EVM指標」を選択できるようになりました。
EVM指標では、EVMで算出された値(PV・AC・EVなど)を指標として利用できますので、新たなレポート軸としてぜひご活用ください。
機能改善/仕様変更 ・指標設定画面で、指標に対する説明を記入できるようになりました。
記入した説明は、進捗指標パネル内にある指標凡例や、全体レポート画面のヘッダ行にある指標名にマウスオーバーすると表示されます。
これにより、該当指標の目的や前提条件を記載しておいて、レポート画面側で確認や共有ができるようになりました。

・チケット情報抽出パネルに、チケット一覧画面を開けるリンク(一覧で見る)を設置しました。
これにより、レポート画面から手軽にチケット一覧画面を確認できるようになりました。
※従来表示されていた[チケット件数]は、以下のようなケースも鑑みた結果、レイアウト整理も兼ねて廃止しました。
- 抽出結果のチケット数が最大表示件数を上回る場合、最大表示件数が表示されしまい誤解が生じる場合がある


1.1.13(2022-03-01)

Lycheeコスト

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

3.2.3(2022-03-01)

Lychee EVM

機能追加 ・チケットが予定通りの期日内に進行しなかった結果、プロジェクトの期日以降も未完了のチケットが残っている、
といったケースを鑑みて、全チケットが完了するまでの各日を基準日としてEVMを確認できるようにしました。

従来のEVMでは、最遅チケットの「実終了日」が「期日」を超えていても、「期日」までのEVMしか描写出来ませんでした。
今回の改修によって、「実終了日」までの描写が可能となったため、実際に全チケットが完了するまでのEVMを表示できるようになります。


1.1.5(2022-03-01)

Lycheeベーシック(ヘルプ)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

2022年2月リリースノート

 

1.0.1(2022-02-01)

Lycheeダッシュボード

機能追加 ・Lycheeダッシュボードをリリースしました。
これにより、チームメンバー全員がプロジェクトの進行状況を手早く把握できるようになり、プロジェクトの円滑な進行に繋がります。新しく設けられた「ダッシュボード」タブには、プロジェクトメンバーのリアルタイム作業状況が集計されています。
プロジェクト全体のチケット進捗状況、担当者別のチケット進捗状況、期日が近い / 超過したチケットの情報を、
グラフを交えて視覚的にわかりやすく表示することで、今までよりも手軽にプロジェクトの進行状況が把握可能になりました。

詳細は以下のURLをご参照ください。
https://lychee-redmine.jp/plugin/dashboard/


1.7.6(2022-02-01)

Lycheeベーシック(ライセンスマネージャー)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

1.0.8(2022-02-01)

Lycheeベーシック(メッセージボックス)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

4.9.14(2022-02-01)

Lycheeスケジュール管理(ガントチャート)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

1.4.8(2022-02-01)

Lycheeスケジュール管理(プロジェクトテンプレート)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

2.1.6(2022-02-01)

Lycheeプロジェクトレポート

機能追加 ・「指標」のパネルで、グラフを何ヶ月分表示するのかを任意で設定できるようになり、より長期間の推移が確認できるようになりました(最大12ヶ月)。

・「マイルストーン」パネルで、ステータスが「終了」になっているバージョンも表示期間内であれば表示するようにしました。
例えば、プロジェクトレポートを用いて報告する際、終了済みのバージョンも含めたプロジェクト全行程のスケジュールを表示させることが可能になりました。


1.1.12(2022-02-01)

Lycheeコスト

機能改善/仕様変更 ・ユーザーのCSVインポート時に、コストグループも含めてインポート出来るようになりました。
ユーザー数が多い場合でも、一括でコストグループを設定できるため、より便利にご活用いただけます。
※コストグループとは、作業時間あたりの単価を設定するためのLycheeコスト独自のグループです。
ユーザーをコストグループに割り当てることで、ユーザーの作業時間に対する単価が設定できます。

3.2.2(2022-02-01)

Lychee EVM

機能改善/仕様変更 ・計算対象とするチケットの抽出期間を設定できるようにしました。
(チケットの開始日/期日に不適切な値が登録されていて、集計がタイムアウトしてしまうケースへの対策です)
管理 > プラグイン > Lychee EVM plugin から設定可能です(デフォルトは最古のチケット開始日から5年)。

2022年1月リリースノート

 

1.0.7(2022-01-11)

Lycheeベーシック(メッセージボックス)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

4.9.11(2022-01-11)

Lycheeスケジュール管理(ガントチャート)

機能改善/仕様変更 ・今年以外の日付を表示する際に、年表記を伴って表示するようになりました。
年を跨ぐような長期間のガントチャートを表示する際にも、日付が確認しやすくなりました。

4.4.2(2022-01-11)

Lycheeスケジュール管理(カンバン)

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

1.0.9(2022-01-11)

Lychee CCPM

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。

2022-01-11

2022年版会社休日テンプレート

お知らせ ・2022年版の会社休日テンプレートをご用意しました。
以下のURLからダウンロードいただけます。
https://lychee-redmine.jp/wp-content/themes/agileware/assets/template/holiday-template_2022.csv

2022-01-11

Q&Aサイト開設のご案内

お知らせ ・この度、Lychee RedmineのQ&Aサイトを新たに開設しました!
よくあるお問い合わせや仕様などについて解説しておりますので、ぜひご活用いただけますと幸いです。
以下のURLからご確認ください。
https://lychee.ibise.com/ja

1.0.3(2022-01-24)

Lychee機械管理

バグ修正 ・いくつかの不具合を修正しました。


過去に掲載されたリリースノートはこちら>> | 2018年リリースノート | 2019年リリースノート | 2020年リリースノート | 2021年リリースノート |