製品機能


Lychee Redmineとは?

Redmineの拡張プラグインを提供するプロジェクト管理ツール

Lychee Redmineは、オープンソースソフトウェアで人気のあるRedmineに、「進捗管理」・「スケジュール管理」・「工数管理」などの機能を、目的・用途別に導入を可能とした、機能拡張プラグインを提供するプロジェクト管理ツールです。


Lycheeスケジュール管理

Lychee スケジュール管理

Lychee スケジュール管理は、ガントチャート、カンバン、チケットセットの機能を搭載したプラグインです。
プロジェクト計画に必要な作業を洗い出した「タスク」のチケット作成や、そのチケットをアウトプットする「ガントチャート」を簡単に作成できるのが、Lycheeスケジュール管理です。

さわれる「ガントチャート」で、進捗管理を効率化!

チケット情報の更新が、ガントチャート上の画面で、Excel風に簡単入力できます。直感的な操作で、日々の工数入力も楽に行えるようになります。

ガントチャート:スケジュール管理

ふせんを貼るような感覚でタスクを管理する「カンバン」

チケットを、ドラック&ドロップで作業状況を更新できるので、担当者がチケットの作成、進捗を簡単に更新できます。チームの状況や優先順位の共有がしやすくなります。カンバン、バックログ、バーンダウンチャート機能を装備しています。

カンバン:スケジュール管理


Lychee工数リソース管理

Lychee 工数リソース管理

Lychee 工数リソース管理は、タイムマネジメント、リソースマネジメントの機能を搭載したプラグインです。
担当者が日々の工数入力を、作業負荷なく簡単に入力できるカレンダーと、マネージャーがメンバーの予定工数・実績工数をすぐに確認できるのが、Lychee 工数リソース管理です。

担当者の作業負荷なく、正確なデータ蓄積を実現「タイムマネジメント」

カレンダーへドラック&ドロップするだけで、工数入力ができます。現場の負荷が少なく正確に工数管理が行えます。「予定を自動配置」機能を使えばさらに時間短縮も可能です。

タイムマネジメント:工数管理

稼働時間、稼働率、生産性を、グラフと表で リアルタイムに表示「リソースマネジメント」

ユーザーごとの稼働時間、稼働率、生産性を任意の期間、任意のプロジェクトで把握することができます。リアルタイムに指標を取得し適切な人材マネジメントを行うことで業務環境を整え、チームのパフォーマンスを最大化します。

リソースマネジメント:工数管理

ガントチャートと連携!「工数」をスケジュール画面を見ながら、作業負荷を簡単に調整

「工数見える化」機能は、スケジュール管理をしながら、日別の負荷状況が一目で確認・調整できるようになります。シミュレーション機能があるため、画面で動かしながら調整することができます。

工数見える化:工数管理


Lycheeベーシック

Lychee ベーシック(基本機能)

Lychee ベーシックは、必須プラグインとなっています。ダッシュボード、プロジェクトビュー、ステータスカラーの変更、プロフィールアイコン表示など、Redmine機能の利便性をUPさせるプラグインをセットにしています。

日々のプロジェクト進捗管理に必要な情報を「ダッシュボード」画面で表示

ダッシュボード画面で、作業の進捗をグラフと一覧表示できます。事前に作業遅れなどのリスクを検知しやすくなり、プロジェクトの円滑な進行を手助けします。

基本機能


Lycheeその他プラグイン

その他プラグイン

Lychee Redmineは、プロジェクトマネージャーの業務を効率化するプラグインを各種ご用意しています。プラグインを連携することで、さらに便利に活用することができます。代表的なプラグインをいくつかご紹介いたします。

複数プロジェクトのQCDをひと目で確認、「プロジェクトレポート」で状況を分析

進捗・品質・コストの状況分析を、プロジェクトレポート画面で分かりやすく集約します。計画に対する現状を共有できるので、報告の効率化と、計画の意識が高まりチームの足並みが揃います。

プロジェクトレポート

「EVM(出来高管理)」でプロジェクトの実績と進捗を定量的に可視化

チケットに登録した期日や、工数のデータを元に、EVMを集計、計算し、チャートグラフ表示して確認できます。納期遅延や予算超過などの兆候を検知できるため、コストを考慮した適切な対策に導きます。

EVM


作業工数に基づいた費用を算出プロジェクトの「コスト」を可視化

日々蓄積された工数に基づいて費用が算出され、収支が可視化できます。収支予測などのコスト分析がリアルタイムで簡単になります。

「CCPM」導入で、スケジュールのバッファ管理を可能に

バッファ(余裕期間)がガントチャート上や分析したグラフによって可視化します。納期短縮の手法である「CCPM」を簡単に導入できます。

「SAML認証」でアカウント管理を簡単に

シングルサインオンを利用し、他のサービスのログイン情報でLychee Redmineにログインができるようになります。

「カスタムフィールド」がより見やすく

カスタムフィールドは、カテゴリ分けすることで、カスタムフィールドがわかりやすくなります。

「チケット関連図」で、保守・点検を強化、WBSの見落としを防止

直系の親子チケット・関連チケットを画面上に表示し、仕様の網羅性を点検できるプラグインです。


「機械管理」に特化したオプション!機械と担当者の状況を同時に見える化

機械別稼働予定(チケット)を横並びに表示することで、機械の空き状況を瞬時に判断できます。また、機械操作を行う作業者の把握も可能です。機械や作業者の稼働が日別に表示され、負荷状況の確認も同時に行えます。

機械管理