Lychee 工数リソース管理



 

Redmineで工数管理したいけど、
開発現場がちゃんと情報を入力してくれない

Lychee タイムマネジメント

直接的な入力画面で業務改善をサポート
カレンダー画面に、チケットや作業分類をドラック&ドロップするだけ!

タイムマネジメント

「タイムマネジメント」は、工数を簡単に入力できる直感的なインターフェースを提供します。
現場の工数入力が促進されることで正確なデータが蓄積され、マネージャはそれらを分析することで業務改善に繋げることができます。<

 

カレンダー形式でかんたん工数入力

入力画面ではカレンダーが週表示され、「直接作業」「間接作業」そして「チケット」をドラッグ&ドロップで割り当てできます。
チケットを一つ一つ開いて、工数を入力する必要はもうありません。

タイムマネジメント

 

メンバー全員の予定と実績を、ひと目で把握

他のメンバーが入力した工数も色別表示。各メンバーの勤務予定や実績が浮かび上がります。

タイムマネジメント

「今、だれが空いているのか」をすぐに知りたい

Lychee リソースマネジメント

ユーザーごとの稼動時間、稼働率、生産性を、任意の期間とプロジェクトで把握
ドラック&ドロップによるチケットの山崩しで、負荷の偏りを平準化

リソースマネジメント

ユーザーごとの稼働時間、稼働率、生産性を任意の期間、任意のプロジェクトで把握することができます。
また、日単位、月単位やグループでまとめることも可能です。

 

「稼働時間」をグラフと表でリアルタイムに把握

個人も全体も、グラフひとつで稼働時間が手に取るようにハッキリわかります。スケジューリングも状況把握も、グラフの色を比べるだけです。

リソースマネジメント

 

マウス操作でチケットの山崩し、チケット再振りが画面遷移なしで可能

グラフ上のチケットをドラッグ&ドロップすることで、チケットの山崩しが直感的に行えます。チケットを平準化することで、個人別のタスクの偏りを防ぐことができます。

リソースマネジメント

 

「稼働率」「働きすぎ」をひと目でチェック

「今誰が空いている?」「新規プロジェクトを依頼できる人は?」誰がどれだけ稼働しているのかをすぐに把握できます。

リソースマネジメント