Lychee 工数リソース管理


工数リソース管理

 

担当者の作業負荷なく、正確なデータ蓄積を実現!
稼働時間、稼働率、生産性を、グラフと表でリアルタイムに表示

Lychee 工数リソース管理は、タイムマネジメント、リソースマネジメントの機能を搭載したプラグインです。担当者が日々の工数入力を、作業負荷なく簡単に入力できるカレンダーと、マネージャーがメンバーの予定工数・実績工数をすぐに確認できるのが、Lychee 工数リソース管理です。

※工数見える化は、「Lychee スケジュール管理」プラグインが必要となります。

Lychee工数リソース管理



タイムマネジメント

直感的な入力画面で、簡単に工数管理

マイカレンダーなら、チケットと作業分類をドラッグ&ドロップするだけで簡単に工数が入力できる!
入力画面ではカレンダーが表示され、カレンダーへ「チケット」と「作業分類(直接作業・間接作業)」をドラック&ドロップするだけで、工数入力ができます。チケットを一つ一つ開いて、工数を入力する必要がなくなるので、現場担当者の工数入力の負荷を少なく、そして正確に工数管理がおこなえます。

タイムマネジメント

<マイカレンダ画面>
・「マイタスク」チケット配置
・「タスクツリー」任意のチケットを検索・配置
・「直接作業分類」を配置
・「間接作業分類」を配置

予定の自動配置で簡単に報告

「予定を自動配置」機能を使うことで、さらに時間短縮をすることができます。
自動配置したチケット工数を調整して上長にスケジュール報告をするといった使い方ができます。

タイムマネジメント

メンバー全員の予定と実績を、ひと目で把握

プロジェクトカレンダーで、プロジェクトに参加しているメンバーの予定・実績を確認できます。
メンバーの予定と実績を、カレンダー上で確認することができます。他のメンバーが入力した工数を色別表示、メンバーの勤務予定がひと目で把握できるため、ミーティングのスケジューリングにも役立てることができます。また、管理者は、メンバーが工数入力しているかを監視をおこない、工数入力を徹底させることができます。

タイムマネジメント

その日のメンバーの予定も簡単に確認

ワンクリックで表示する日付を切り替えたり、「日別」、「週別」にカレンダーの表示期間を切り替えて表示ができます。その日の各メンバーの勤務予定や実績をすぐに把握できます。
また、マイカレンダーで実績が入力されているチケットは右側に青緑の太線が引かれます。

タイムマネジメント


リソースマネジメント

稼働時間(工数)、稼働率、生産性をリアルタイムに把握

予定時間と実績時間のギャップを、グラフと表でひと目で把握できます。
ユーザーごとの稼働時間、稼働率、生産性を任意の期間、任意のプロジェクトで把握することができます。「プロジェクト」「バージョン」「カテゴリ」など集計対象項目が選択できるので、集計・分析が多角的かつ柔軟におこなえます。また、日単位、月単位やグループでまとめることも可能です。さまざまな見方でリソースを把握し、マネージメントを支援します。

リソースマネジメント

<リソースマネジメント画面>
・工数:予定工数と実作業時間の差
・稼働率:タスク量や空き状況
・生産性:メンバーの生産性

マウス操作でチケットの山崩し、チケット再振りが画面遷移なしで可能

グラフ上のチケットをドラッグ&ドロップすることで、チケットの山崩しが直感的に行えます。チケットを平準化することで、個人別のタスクの偏りを防ぐことができます。

リソースマネジメント

稼働率

メンバーの稼動率を折れ線グラフで表示します。各メンバーの空き状況がひと目でわかります。「今誰が空いている?」「新規プロジェクトを依頼できる人は?」誰がどれだけ稼働しているのかをすぐに把握できます。

リソースマネジメント

生産性

メンバーの生産性が線グラフで確認できます。生産性向上の意識も高まるとともに、見積もりの精度が上がり、次の計画を立てる際にも役立てることができます。

リソースマネジメント