Lychee スケジュール管理


 

スケジュール管理

 

ガントチャートを直感的に操作できる!

直感的に動かせるガントチャート、かんばん、バックログを利用できるプラグインと、複数チケットを一括生成できるプラグインセットです。

Lychee スケジュール管理


ガントチャート上で直感的に操作して入力が可能

取説いらずで直感的に操作可能。早い・便利・使いやすいを実現。「シンプル」が嬉しい、それがLycheeガントチャートです。
「チケット追加モード」では、表計算ソフトのような操作感で連続してチケット追加が可能です。チケットを直感的に追加でき、WBSを容易に作成できます。わずらわしい日付変更も、ガントチャート画面上でラクラクに操作できます。カーソルの形に合わせてドラッグするだけで、カンタンに期間や開始日を変更が可能。もうチケット画面で期間や開始日を打ち込む必要はありません。


ガントチャートで「工数見える化」

スケジュール管理をしながら、日別の負荷状況が一目で確認/調整

『工数見える化』は、『Lycheeスケジュール管理』+『Lychee工数リソース管理』をご購入いただくことで利用できる便利機能です。


「カンバン」でToDoリストを可視化。チームの状況も一発把握、開発を快適サポート!

カンバンは、ToDoリストをシンプルに見える化したものです。ToDo(未着手)・Doing(作業中)・Done(完了)の3つのカラムで構成されます。タスク全体が一目で把握できるため、タスクの負荷状況の偏りや優先順位、期限がすぐにわかります。チーム内で同時に行う仕事量についてルールを決めておくことで、メンバーの負荷をバランス良く保つことも可能です。終了したタスクも見ることができることから、成果が形として残り、モチベーション維持にも役立ちます。
チケットボードは、ToDoリストを見える化した「カンバン」、作業残量が一目でわかる「バーンダウンチャート」、残作業が見える化できる「バックログ」、によって、プロジェクト進行がスムーズになります。

バックログで、「残り」を見える化して、計画も作業もスムーズに。

カンバンには、アジャイル開発を支援するバックログ機能があります。Redmineのバージョンをスプリントとして作成し、スプリント毎に実施するチケットを見える化します。バックログレーンからドラッグ&ドロップによって、各スプリントにチケットを振り分けることができます。

「カンバン」画面でトラッカごとに色分けが可能。実績や不具合もすぐに把握

チケットボードのかんばんは、トラッカーごとに色分けされているのが特長です。俯瞰的に見ると、不具合があればすぐに把握できます。
また、担当者欄において、残り時間や実際に稼働した時間を数値で見える化しています。タスクの進捗のみでなく、メンバー内の負荷の偏りも一目でわかります。

バーンダウンチャートで進捗も残量も一発把握。「残作業」を可視化

バーンダウンチャートは、「今計画がどこまで終わっているのか」「あとどれぐらいで作業量が0(ゼロ)になるのか」が一目で把握できます。右下がりの理想線、予定線、実績線によって、期日までに必要な作業量と時間が表示されます。チケットボードのバーンダウンチャートは、トラッカーやチケット数、イテレーション、時間単位で表示でき、多角的に進捗を把握できるのが特長です。


複数チケットを一括生成、チケット漏れをなくして、プロセス遵守

予め複数チケットをテンプレート化することで、簡単に複数のチケットを生成できます。
「チケットセット」は、複数チケットをテンプレートとして保存することで、チケット作成負荷を軽減。チケット漏れをなくし、標準プロセスの遵守率向上に役立ちます。チケットセットでは、親子関係や先行・後続の関連付けを設定できるので、WBSがすぐに出来上がります。

複数のチケットをテンプレート化

予め複数のチケットをテンプレート化することで、簡単に複数のチケットを生成できます。

標準プロセスをテンプレート化

組織に必要な標準プロセスパターンを定義。チケットの漏れをなくし、標準プロセスの遵守率向上に役立ちます。

親子関係や先行・後続の設定も可能

チケットセットでは、親子関係や先行・後続の関連付けを設定できるので、WBSがすぐに出来上がります。


プロジェクトテンプレート

プロジェクトの作成をもっと簡単に

管理者権限がなくても、プロジェクトのコピーが可能です。コピー時に開始日を設定できるので、プロジェクトの作成がもっと簡単になります。


アクチュアルデイト

実開始日、実終了日を登録し、予実管理を可能

チケットに、実開始日、実終了日を登録することができます。予定時間に加え、実際の稼働時間が見えるようになるので、実績に基づいた工数管理が可能になります。