Lychee-プロジェクトレポート活用術:指標編


本記事ではLycheeプロジェクトレポートでプロジェクト管理をするためのお勧めの指標をご紹介します。

開発において必要な機能を実装することは当前で、そのうえで納期厳守・高品質・利益が求められます。そのため開発時は進捗・品質・コストを定量的・定性的に管理しなければなりません。

Lycheeプロジェクトレポートの指標値

LycheeプロジェクトレポートはRedmineの情報を基に進捗・品質・コストの状況を定量的に可視化し、プロジェクトの状況管理や課題解決を支援します。プロジェクトの状況は項目ごとに指標を設定し、可視化します。指標はデフォルトで用意されているものを利用することやオリジナルで作成することができます。オリジナルで指標を作成することで、より実情に合ったプロジェクト管理が可能です。

指標の設定方法はこちらをご覧ください。

デフォルトで用意されている指標

以下の指標がデフォルトで用意されています。

分類名称単位説明
進捗計画チケット完了率ベース 完了チケット数/
総チケット数×営業日数経過率
プロジェクト内の総チケット数に対し、完了したチケット数の割合で判定する進捗指標です。
進捗計画完了工数ベース
(実績工数)
 完了したチケットの予定工数/
総チケット数×営業日数経過率
プロジェクト内のチケットの総予定工数に対し、完了したチケットの工数の割合で判定する進捗指標です。
進捗計画完了工数ベース
(進捗率)
 ∑進捗率×予定工数/
総工数×営業日数経過率
プロジェクト内のチケットの総予定工数に対し、チケットの進捗率を加味した工数の割合で判定する進捗指標です。
品質バグトラッカー消化率 バグトラッカー完了数/
バグトラッカー総数
選択されたトラッカーの総チケット数に対し、完了したチケット数の割合で判定する品質指標です。
コスト作業時間消化率ベース 作業時間の総和/メンバー数×1日稼働時間×営業日数×営業日数経過率プロジェクトのメンバーの総稼働時間に対し、実績作業時間の割合で判定するコスト指標です。
コスト収支予測実際にかかったコスト+ { (プロジェクト終了予定日の計画上の出来高 - 完成している実績値) / コストからみた効率指数 }プロジェクトレポートの全体画面で予算やコスト予想金額を見える化します。
※Lycheeコストがインストールされている場合のみ

 

進捗指標

進捗指標は、"チケットの完了率"や"工数ベースのプロジェクトの完了率"などが用意されており、プロジェクト全体の進捗率を可視化します。
上記の指標は先行して着手/完了しているチケットも含むため、遅延しているタスクの存在を正確に把握できません。そこで、遅延しているタスク数を可視化する指標、”期日が過ぎている未完了のチケット”をご紹介します。

期日が過ぎている未完了のチケット

設定項目設定内容
名称期限が過ぎた未完了チケット
指標種別進捗指標
チケットフィルタステータス:等しくない:完了のステータスを選択
期日:今日から1日前以前
指標値テンプレートカスタム
分子総チケット数
分母1
営業日数経過率の考慮しない
指標値判定小さいほど良い
単位数値
指標値定義
1o以上
5以上 10未満
5未満

品質指標

品質指標は"バグチケット消化率"が用意されており、バグチケットの消化状況を可視化します。それに加え、致命的なバグチケットは優先的に対処する必要があり、把握しておく必要があります。そこで、バグチケットの中で優先度が緊急で未対応のチケット数を可視化する指標、"バグチケット数(緊急)"をご紹介します。

バグチケット数(緊急)

設定項目設定内容
名称バグチケット数(緊急)
指標種別品質指標
チケットフィルタステータス:等しくない:完了のステータスを選択
トラッカー:等しい:バグ
優先度:等しい:今すぐ
指標値テンプレートカスタム
分子総チケット数
分母1
営業日数経過率の考慮しない
指標値判定小さいほど良い
単位数値
指標値定義
5以上
5以上 3未満
3未満

 

コスト指標

コスト指標は"作業時間消化率ベース"が用意されており、プロジェクト全体における稼働率を可視化します。
また、コスト指標ではコストが予算に収まっているかを可視化する"コスト効率指数"がよく利用されます。そこで、現状のコスト状況を可視化する"コスト効率指数"をご紹介します。

コスト効率指数

設定項目設定内容
名称コスト効率指数
指標種別コスト指標
チケットフィルタなし
指標値テンプレートカスタム
分子作業時間
直接工数を選択してください。
分母予想消化工数
営業日数経過率の考慮しない
指標値判定小さいほど良い
単位数値
指標値定義
1.05以上
0.95以上 1.05未満
0.95未満

まとめ

本記事では、Lycheeプロジェクトレポートのお勧めの指標をご紹介しました。このようにデフォルトで用意されている指標と、作成した指標を利用することでさらにプロジェクトの管理を支援します。今回紹介した指標とメリットは以下になります。

  • 進捗指標の"期日が過ぎている未完了のチケット"は遅延しているチケット数を可視化し、遅延に関して把握しておくべきチケット数を確認できます。
  • 品質指標の"緊急対応が必要なバグチケット数"は対応の優先度が高いバグチケット数を可視化し、早急に対処すべきバグ数を確認できます。
  • コスト指標の"コスト効率指数"はコストの実績が現時点の予算に収まっているかを可視化し、プロジェクトが赤字傾向か・黒字傾向かを把握できます。