2020年2月:アップデートの詳細


2020年2月のリリースに含まれる機能追加・機能改善/仕様変更を紹介します。

カンバン ver4.1.1

【機能改善/仕様変更】ステータスの横にチケット総数が表示されるようになりました。チケットがどのステータスにどれくらいあるかを定量的に把握できます。また、芳しくないステータスのチケット数を瞬時に確認できるため、ボトルネックの発見等に役立ちます。

アップデート前

 

アップデート後


タイムマネジメント ver2.3.2

【機能改善/仕様変更】作業予定・実績の時間変更は15分ごとでしたが、15分・30分・60分に間隔を調整できるようになりました。用途に応じた間隔の調整ができるため、作業の予定・実績の入力がより簡単できます。

アップデート前

 

アップデート後


EVM ver2.3.2

【機能改善/仕様変更】実開始日・実終了日の値が未入力かつ完了状態のチケットの場合、チケットの終了日に進捗率が100%になったとみなして、EV(各チケットの予定工数*進捗率)の累計を計算するようになりました。 実開始日と実終了日を入力漏れしている場合や実開始日と実終了日を利用していないプロジェクトの場合でも、EVの累計に計算されます。

アップデート前

 

アップデート後


ガントチャート ver4.2.5

【機能改善/仕様変更】進行中かつ実開始日が空のチケットのステータスを変更した際は、本日の日付をセットしないようになりました。 また、画面スクロール時の描画速度が改善されました。

アップデート前

 

アップデート後


バックログ ver4.1.0

【機能改善/仕様変更】ハンバーガーメニューに、「未完了タスクを別のスプリントに移動する」が追加されました。チケットの優先順位を保ちつつ、未完了のチケットを一括で別のスプリントに移動させることができます。

アップデート前

 

アップデート後


プロジェクトテンプレート ver1.3.1

【機能改善/仕様変更】プロジェクト設定画面(設定>プロジェクト)に、新たに「利用範囲を制限する」という項目と選択肢が増え、テンプレートとして利用できる範囲を制限できるようになりました。「利用範囲を制限する」は、「テンプレートとして利用」にチェックを入れると有効化されます。選択肢は3つで、①サブプロジェクト単位(小孫プロジェクトのみ有効)、②プロジェクトツリー単位(最上位の親のプロジェクトとすべての子孫プロジェクトのみ有効)、③制限しない(すべてのプロジェクトで有効)があります。

アップデート前

 

アップデート後


アクチュアルデイト ver1.7.1

【機能改善/仕様変更】チケット編集画面で、進行中かつ実開始日が空のチケットのステータスを変更した際は、本日の日付をセットしないようになりました。

アップデート前

 

アップデート後


リソースマネジメント ver2.3.1

【機能追加】リソースマネジメントの項目に予作(予定作業工数)が追加されました。タイムマネジメントで入力した予定作業工数の合計が表示されます。現状に則した予定工数を確認することができます。

アップデート前

 

アップデート後


プロジェクトビュー ver1.3.1

【機能改善/仕様変更】親子関係にあるプロジェクトをそれぞれお気に入りプロジェクトにした場合、「ブックマークプロジェクト」の一覧でも階層表示されるようになりました。

アップデート前

 

アップデート後


ステータスカラー ver1.0.6

【機能追加】チケットのステータス一覧(管理>チケットのステータス)で、ステータスに設定されているカラーが表示されました。設定されているカラーを一目で、確認することができます。

アップデート前

アップデート後


コスト ver1.0.9

【機能改善/仕様変更】「ロールと権限」のLycheeコストの項目に「収支情報の閲覧」の権限が追加されました。この権限があるユーザーは、収支情報(対象プロジェクト>概要)と経費タブの内容を閲覧のみできます。

アップデート前

収支情報

 

経費タブ

 

アップデート後

収支情報

 

経費タブ


EVM ver3.0.3

【機能追加】EACの算出方法は、中間的予測で算出しておりましたが、以下の3種類から任意に選択できるようになりました。
①楽観的予測: 残チケットが予定どおりの計画コストで推移すると考えた場合の値
②中間的予測: 残チケットがこれまでのコスト生産性で推移すると考えた場合の値
③悲観的予測: 残チケットがこれまでのコスト生産性とスケジュール生産性で推移すると考えた場合の値

アップデート前

 

アップデート後


カスタムフィールド ver1.3.8

【機能改善/仕様変更】カスタムフィールド間の連携状態が確認しやすいように [管理]>[カスタムフィールド連携設定] 画面で設計状況タブが追加されました。また、カスタムフィールド必須設定はカスタムフィールド連携設定に集約されたため、管理画面の項目から削除されました。従って、カスタムフィールド連携設定では以下の3つを行うことができます。
①必須設定タブで、カスタムフィールド間の必須設定
②リスト表示設定タブで、カスタムフィールド間のリスト表示設定
③設定状況タブで、①の必須設定と②のリスト表示設定の確認と削除

 

アップデート前

 

アップデート後