Redmine4.1対応バージョンのリリースのお知らせ


Redmine4.1対応バージョンのリリースのお知らせ

Redmine4.1に対応したバージョンがリリースされました。Redmine4.1とLychee Redmineの組み合わせで正常に動作いたします。
Redmine4.1では、「自分が追加したチケットの編集」・「他のユーザーの作業時間の入力」などの新たな権限や、作業時間のCSVインポート機能などが追加されました。
バージョンアップの手順に関しましては以下をご参照ください。

 

①ユーザーページよりご購入頂いた最新版のLycheeプラグインモジュールをダウンロードします。(ユーザページへ遷移します。)

②pluginsディレクトリ配下にあるLycheeモジュールを最新版のダウンロードしたモジュールと置き換えます。
※ご利用いただいておりましたLycheeモジュールの退避または削除を実施後、最新版のモジュールの配置をお願いいたします。

③コンソール上から以下のコマンドを実行します。
A.Linux環境の場合
$ cd [Redmine ルートディレクトリ]
$ bundle install --without development test
$ RAILS_ENV=production bundle exec rake redmine:plugins

B.Windows環境の場合
$ cd [Redmine ルートディレクトリ]
$ bundle install --without development test --no-deployment
$ bundle exec rake redmine:plugins RAILS_ENV=production

④Redmineインスタンスを再起動します。

 

※注意:チケットボードからカンバンにアップデートする際は、手順が通常と異なるためこちらをご確認ください。(ユーザページへ遷移します。)