2022年9月:アップデートの詳細


2022年9月のリリースに含まれる機能追加・機能改善/仕様変更を紹介します。

 

Lychee工数リソース管理(リソースマネジメント) ver2.6.0

割当稼働時間のデフォルト値を管理画面で設定できます。

1日の稼働時間が8時間でない会社にも対応できるよう、割当稼働時間のデフォルト値を管理画面で設定できるようにしました。

リソースマネジメント画面 > 設定> 割当稼働時間で値が 設定されている場合はその値を、「空欄」の場合はシステム管理画面での設定値を採用します。

 

  • デフォルト稼働時間の設定

 

「日別人別の稼働時間」機能を廃止しました。

廃止機能:
Lychee リソースマネジメント「日別人別の稼働時間」機能

  • マニュアルの該当箇所

廃止理由:

LycheeガントチャートとLycheeリソースマネジメントの両プラグインでの機能で同等の機能が存在しており、こちらを一元化するため。

なお、Lycheeガントチャートの「工数見える化」機能で同等の機能をご利用いただくことができます。
(ガントチャート画面であれば、スケジュールを見ながら日別の負荷状況を確認いただき、同時に負荷の山崩しも行うことができます)

❏-工数見える化機能
マニュアルリンクはこちら

 

Lycheeベーシック(プロジェクトビュー) ver1.7.0

「テンプレートとして使用」にチェックが入っているプロジェクトにアイコンを追加しました。

「テンプレートとして使用」にチェックが入っているプロジェクトが一目でわかるように、プロジェクト一覧画面にアイコンを追加しました。

併せて、フィルタ条件にも「テンプレート」を追加しました。

 

  • プロジェクト一覧画面

 

Lycheeベーシック(ダッシュボード) ver1.2.4

円グラフの集計対象、棒グラフのY軸と系列に「カテゴリ」を追加しました。

これにより、カテゴリ別のグラフを確認できるようになりました。
 

  • ダッシュボードの円グラフパネルと棒グラフパネル

 

Lycheeプロジェクトレポート ver2.5.0

全体レポート画面の情報をCSVダウンロードできます。

全体レポート画面右上の「CSVダウンロード」より情報をCSV形式でダウンロードできるようにしました。

 

  • プロジェクトレポート全体レポート画面

 

 

Lychee EVM ver3.2.7

グラフ上部の「プロジェクト名(バージョン名)」の表示・非表示を切り替えできます。

これにより、グラフエリアを効果的に使えるようになりました。

  • EVM画面

 

Lycheeカスタムフィールド ver1.4.6

カスタムフィールド連携設定画面の「リスト表示設定」において、行・列の先頭をクリックすることで一括で表示・非表示を設定できます。

これにより、1つ1つ設定する手間を省くことができます。
 

  • カスタムフィールド連携設定画面

 

カスタムフィールド連携設定画面において、スクロールしても項目名の行・列が固定されます。

これにより、項目が多くても常に項目名を確認しながら設定変更ができるようになりました。
 

  • カスタムフィールド連携設定画面