2022年8月:アップデートの詳細


2022年8月のリリースに含まれる機能追加・機能改善/仕様変更を紹介します。

 

Lycheeベーシック(メッセージボックス) ver1.1.1

「マイボックス」機能を追加しました。

マイボックス内でチャット機能のようにコメントの投稿ができ、投稿されたコメントはチケットへも反映されます。
これにより、さらにコミュニケーションが取りやすくコメントの投稿が簡単にできるようになりました。

 

  • マイボックス画面

 

  • マイボックス画面とチケットのコメント履歴

 

Lycheeベーシック(通知) ver1.0.8

先行チケットが完了したときの通知情報が後続チケットの履歴に記録されます。

【履歴情報の登録】
- 日時:すべての先行チケットが完了した日時
- 更新者:最後の先行チケットを終了したユーザー
- コメント:「すべての先行チケットが完了しました」と表示

 

  • チケット画面

 

Lycheeプロジェクトレポート ver2.4.3

終了したバージョンの指標も確認できます。

「終了したバージョンを含める」にチェックを入れることで、終了したバージョンの指標も確認できるようにしました。
過去のデータと比較することで、現状の各指標値の妥当性や状況の判断がしやすくなりました。

 

  • プロジェクトレポート画面

 

EVMをご利用の場合、指標作成時に、分母・分子の選択肢にPV/AC/EV/BACを選択できます。

EVMをご利用の場合、指標作成時に分母・分子で、計画値(PV: Planned Value)、実コスト(AC: Actual Cost)、出来高(EV: Earned Value)、BAC(Budget At Completion =当初予算)を選択できるようにしました。
 

  • プロジェクトレポート画面

 

Lycheeスケジュール管理(カンバン) ver4.6.1

カンバン・バックログのチケット詳細ダイアログで表示されるコメントの表示順を個人設定に準じた表示に変更しました。

【設定方法】
個人設定 > 設定欄 > コメントの表示順 より、新しい順 or 古い順 で選択可能
 

  • コメントの表示順の反映