2022年4月:アップデートの詳細


2022年4月のリリースに含まれる機能追加・機能改善/仕様変更を紹介します。

 

Lycheeベーシック(ダッシュボード) ver1.1.1

Lycheeダッシュボードがパワーアップしました。

以下のことができるようになりました。

①パネルの複数追加・配置
これまでは決まったパネルしか表示できませんでしたが、パネルを自由に追加することができるようになりました。
またドラッグアンドドロップでパネルの配置の変更もできるようになりました。

②グラフパネルでの表示軸の変更
棒グラフパネルで表示軸の値を選択できるようになりました。

③カスタムクエリの適用
これまでは決まったチケットリストのみ表示されていましたが、カスタムクエリを指定できるようになりました。

従来よりさらに自由度が高まり、様々な情報をリアルタイムで確認しやすくなりました。
 

  • ダッシュボード画面の参考イメージ

 

ダッシュボードの操作に対する権限が指定できるようになりました。

「管理」>「ロールと権限」>「ダッシュボードの管理」にチェックが入っている場合のみ、ダッシュボードのパネルの追加・編集・削除等の操作が可能となります。

これによりダッシュボードを操作する対象者の設定ができるようになります。

ダッシュボードの閲覧にについては、「チケットの閲覧」の権限の有無で表示・非表示の設定が可能です。
 

プロジェクト毎でダッシュボードの表示のON・OFFを設定できるようになりました。

各プロジェクトの「設定」タブ>「モジュール」より、他のモジュールと同じように、プロジェクト毎でダッシュボードの表示のON・OFFの設定ができるようになりました。
 

  • 各プロジェクトの「設定」タブ>「モジュール」画面

 

Lycheeスケジュール管理(カンバン) ver4.5.2

チケット編集フォームがパワーアップしました。

これまでチケット編集画面に遷移しなければできなかったコメント記入、およびコメントの履歴閲覧ができるようになりました。チケットに関わる操作がカンバン・バックログ上で完結しやすくなりました。
 

  • チケット編集ダイアログの比較画像(チケット情報表示時)

 

  • チケット編集ダイアログの比較画像(チケット情報編集時)

 

カンバンとバックログでモジュール設定を分けられるようになりました。

従来バックログはカンバンに集約されていましたが、カンバン、バックログそれぞれで表示/非表示が選択できるようになりました。
 

  • 各プロジェクトの「設定」タブ>「モジュール」画面

 

 

Lychee ベーシック(プロジェクトビュー) ver1.6.0

プロジェクト一覧にCCPMとプロジェクトレポートのショートカットアイコンを追加しました。

遷移先
- CCPM:当該プロジェクトのフィーバーチャート画面
- プロジェクトレポート:個別レポート画面
 

  • プロジェクト一覧画面

 

Lychee プロジェクトレポート ver2.1.1

各指標の設定情報が一覧画面で把握できるように、指標設定画面の表示項目の追加およびUI改善を行いました。

<指標設定画面に追加された項目>
・分子
・分母
・営業日数経過率の考慮
・親チケットを計算に含める
※指標テンプレート「カスタム」の場合は設定値が表示され、カスタム以外の場合は「-」が表示されます。
 

  • 指標設定画面

 

従来、「マネージャー」「サブマネージャー」で固定されていたものをユーザー型のカスタムフィールドに変更し、組織に応じて自由に設定できるようになりました。

こちらは今まで同様全体レポートでの表示が可能で、個別レポートの体制パネルでもご利用頂けます。
各プロジェクトの 設定>レポート タブ にある、マネージャー・サブマネージャーの設定は廃止しました。

 

  • ユーザー型のカスタムフィールドがプロジェクトレポートで表示されるイメージ