Lychee-ガントチャート活用術:カスタムクエリ


Lycheeガントチャートのカスタムクエリ

Lycheeガントチャートではカスタムクエリを設定し、表示するガントチャートの条件を保存することが可能です。
また、自身のスケジュール確認用、ミーティング用、上司への報告用とカスタムクエリを作成することで、利用場面に応じたガントチャートを即座に開くことができます。

 

Lycheeガントチャートでカスタムクエリの作成

Lycheeガントチャート上で保存を選択すると、カスタムクエリを作成することができます。

【カスタムクエリの作成画面】

各設定項目は以下の内容になります。

設定項目説明
名称保存するカスタムクエリの名称を設定します。
表示保存するカスタムクエリの適用範囲を設定します。
全プロジェクト向け全てのプロジェクトで共通して使うカスタムクエリにできます。
デフォルトの項目ガントチャートで表示する項目のデフォルト設定を利用できます。 ※デフォルトの項目を無効にした際は項目欄が表示され、作成するカスタムクエリ用の表示する項目を設定できます。
グループ条件設定したグループごとにグルーピングしてチケットを表示します。
表示表示する情報を設定します。
行の開閉状態マイルストーンやサブプロジェクト、子チケットごとの開閉状態を保存します。
フィルタ表示するチケットにフィルタ条件を設定します。
ソート条件チケットのソートする条件を設定します。
ツリー構造を保つ親子関係を表示します。
手動でソート手動でソートします。
日付範囲表示する期間を設定します。

カスタムクエリの使い分け

カスタムクエリは利用場面に応じ使い分けをします。お勧めのカスタムクエリの設定例をご紹介します。

作業者が自身のタスクを確認するカスタムクエリ

設定項目設定内容
表示自分のみ設定
デフォルトの項目無効 または 有効(項目欄に任意の値を設定)
行の開閉状態保存を有効化
手動でソート有効化(手動でソートします。)
フィルタ担当者を追加しユーザー名に<<自分>>を設定

作業順に手動でソートすることで、割り込みタスクがあった際もタスクの順番を明確にできます。

 

 

自身が作業を止めているタスクを確認するカスタムクエリ

設定項目設定内容
表示自分のみ設定
デフォルトの項目無効 または 有効(項目欄に任意の値を設定)
フィルタステータスを追加し未完了を設定
担当者を追加しユーザー名に<<自分>>を設定
更新日を追加しn日前以前を設定(例:2日前以前)

作業者が担当している未完了のチケットのうち、設定した日から更新されていない(作業をしていない)チケットが表示されます。

 

 

上司に報告するカスタムクエリその1(報告順に手動でソート)

設定項目設定内容
表示管理者
デフォルトの項目無効 または 有効(項目欄に任意の値を設定)
手動でソート有効化(手動でソートします。)

重要なチケット順や報告順に手動でソートします。報告するチケットを上位に表示できます。

 

 

上司に報告するカスタムクエリその2(必要なチケットのみ表示)

事前準備でフィルタに設定する報告用のカスタムフィールド(例:報告用)を作成します。

設定項目設定内容
表示管理者
全プロジェクト向け有効
デフォルトの項目無効 または 有効(項目欄に任意の値を設定)
フィルタ報告用を追加し、値に任意の値を設定します。

フィルタ設定により報告したいチケットのみ表示されます。

 

 

今日の作業したチケット状況を確認するカスタムクエリ

設定項目設定内容
表示管理者
デフォルトの項目無効 または 有効(項目欄に任意の値を設定)
フィルタ更新日を追加し今日を設定

今日作業したチケットが表示されます。また、フィルタに担当者を設定することで、担当者ごとに今日作業したチケットと進捗状況等を確認できます。

 

デフォルトカスタムクエリの活用

ガントチャートを開いた際、特定のカスタムクエリをデフォルトに設定できます。
プロジェクトごとの「設定」から「Lycheeガントチャート」を選択し、カスタムクエリ欄でデフォルトカスタムクエリを設定できます。

チームで常に確認してほしい条件のカスタムクエリを設定することで、全員が同一のガントチャートを確認することができます。そのため、表示条件の差異によるチケットの認識もれを防ぐことができます。

 

まとめ

本記事では、Lyhceeガントチャートのカスタムクエリの活用方法をご紹介しました。このようにカスタムクエリを利用することで、以下のメリットがあります。

  • 報告時や自身のタスク確認時等、利用場面に応じたカスタムクエリを作成することで、必要な情報のみが表示されるガントチャートを即座に開けます。そのため、表示条件を都度設定する手間が省けます。
  • ガントチャートの表示条件を他のメンバーに簡単に共有できます。そのため、細かな表示条件をメールや口頭で伝える手間が省けます。