Lychee スケジュール管理 | チケットボード


タスク全体をひと目で把握したい

Lychee チケットボード

「かんばん」でToDOリストを可視化、
「バーンダウンチャート」で進捗を把握できます

チケットボード

チケットボードは、ToDoリストを見える化した「かんばん」、

作業残量が一目でわかる「バーンダウンチャート」、

残作業が見える化できる「バックログ」、によって、

プロジェクト進行がスムーズになります。

「かんばん」画面でタスクを管理

かんばんは、ToDoリストをシンプルに見える化したもの。ToDo(未着手)・Doing(作業中)・Done(完了)の3つのカラムで構成されます。

タスク全体が一目で把握できるため、タスクの負荷状況の偏りや優先順位、期限がすぐにわかります。

チーム内で同時に行う仕事量についてルールを決めておくことで、メンバーの負荷をバランス良く保つことも可能です。

また、終了したタスクも見ることができることから、成果が形として残り、モチベーション維持にも役立ちます。

「かんばん」画面でトラッカごとに色分けが可能

実績や不具合もすぐに把握

チケットボードのかんばんは、トラッカーごとに色分けされているのが特長です。俯瞰的に見ると、不具合があればすぐに把握できます。
また、担当者欄において、残り時間や実際に稼働した時間を数値で見える化しています。タスクの進捗のみでなく、メンバー内の負荷の偏りも一目でわかります。

 

バーンダウンチャートで進捗も残量も一発把握
「残作業」を可視化し、計画も作業もスムーズに

バーンダウンチャートは、「今計画がどこまで終わっているのか」「あとどれぐらいで作業量が0(ゼロ)になるのか」が一目で把握できます。

右下がりの理想線、予定線、実績線によって、期日までに必要な作業量と時間が表示されます。

チケットボードのバーンダウンチャートは、トラッカーやチケット数、イテレーション、時間単位で表示でき、多角的に進捗を把握できるのが特長です。

バックログで、アジャイル開発をさらに支援
「残り」を可視化し、計画も作業もスムーズに

チケットボードには、アジャイル開発を支援するバックログ機能があります。
Redmineのバージョンをスプリントとして作成し、スプリント毎に実施するチケットを表示します。
バックログレーンからドラッグ&ドロップによって、各スプリントにチケットを振り分けることができます。