ガントチャート


 

ガントチャート

 

ガントチャート上で直感的に操作して入力が可能

取説いらずで直感的に操作可能。早い・便利・使いやすいを実現。
「シンプル」が嬉しい、それがLycheeガントチャートです。

 

Redmineのガントチャートは使いにくい。かつてはそうでしたが、「ガントチャート」は、取説いらずで直感的に操作可能。早い・便利・使いやすいを実現しています。チケット情報の更新が、ガントチャート画面だけで視覚的に操作可能になります。もうチケット画面に移動する必要はありません。

ガントチャート


ガントチャート

直感的な操作を実現した、Lycheeガントチャート

 


ガントチャートで「工数見える化」

スケジュール管理をしながら、日別の負荷状況が一目で確認/調整

『工数見える化』は、『Lycheeスケジュール管理』+『Lychee工数リソース管理』をご購入いただくことで利用できる便利機能です。


WBSを容易に作成、好きなところにチケットを挿入可能

表計算ソフトのような操作感で連続してチケット追加が可能です。チケットを直感的に追加することが出来、WBSを容易に作成できます。

 

ガントバーをドラッグするだけで直接編集が可能

わずらわしい日付変更も、ガントチャート画面上でラクラク操作。カーソルの形に合わせてドラッグするだけで、カンタンに期間や開始日を変更できます。WBS作成がさらに簡単になります。

スクロールしてもヘッダーはそのまま。どれだけチケットが増えても大丈夫

スクロールするたびにヘッダーが隠れてしまっては作業しにくい。そこで、ヘッダーを固定して、スクロールしても日付や曜日を参照できるようにしました。どれだけチケットが増えても、ヘッダーを見ながら作業はラクラク。

クリティカル・パスの表示

スケジュール全体の期日を決定づける、クリティカル・パスを表示

チケット登録・編集が思いついたときに、思いつくままに。スピーディーにチケット情報を変更可能

ガントチャート上でチケット情報も編集可能です。カーソルを合わた際に表示される鉛筆アイコンから、タイトルやステータスなど各項目の編集ができます。
情報の変更や関連の削除も自由自在。チケット画面でのみ操作できた右クリックによるコンテキストメニューも、ガントチャート画面で表示できるようにしました。チャートを見ながら、すぐに修正・反映ができます。

全画面モードで、大きく見える、広く使える

全画面モードボタンをクリックすると、ガントチャートがフルスクリーンで表示します。見やすさ・操作しやすさがアップしました。