Lychee Ticke Board マニュアル


かんばん/バックログ閲覧権限設定(ロール)

Lychee Ticket Boardを使用するには管理>ロールと権限から
「Lychee チケットボード」項目の
「かんばんの操作」
「Backlogs」
「Kanban」
にチェックを入れる必要があります。

かんばん初期設定

プロジェクト>設定>かんばんから設定します。
設定すると設定した内容でフィルタリングした状態でかんばんを表示します。
デフォルトはプロジェクト内に「バージョン」が設定されていればバージョンで、
バージョンが設定されていなければ「開始日」が今週のものが設定されます。

また、かんばんに表示するユーザを選択することもできます。 

バックログ

「バックログ」タブを選択すると、バックログが表示されます。

親チケットのみを表示したバックログが表示されます。
スプリント毎にどんなチケットが詰まれているかを確認できます。

大まかにどんな時期にどんな機能を搭載するかを
優先順位を含めて関係者で話し合う際に利用します。

各スプリントにチケットを詰め込み過ぎていると判断した場合
ドラック&ドロップでチケットを移動することが可能です。

かんばんの表示

「かんばん」タブを選択すると、
かんばんを表示することができます。

各スプリントのかんばんを表示することで
「誰に」「どの作業が」積まれ「作業進捗」
を直感的に把握することができます。

かんばんの見方

かんばんは表形式で表示されます。

縦軸に各担当者が表示され、
指定のスプリント内での
自動集計された予・実績の工数情報が表示されます。

横軸は、チケットのステータスとなっており、
スプリント内に各担当者が
どれくらいのチケットを抱えた上での
進捗状況を確認することができます。

また看板上部には、
チケットのカテゴリ毎に
自動集計された予・実績の工数情報が表示されます。

チケットの変更

ドラッグ1つでステータス変更を変更することができます。

クリック1つでチケット内容を編集することができます。

バーンダウンチャートの表示

「バーンダウンチャート」タブを選択することで
バーンダウンチャートを表示することができます。

1つのスプリント内で、予定のチケット消化進捗に対し
どれくらい順調に消化しているかを
直感的に確認することができます。