Lychee EVM マニュアル


EVMとは

チケットに登録した期日や工数のデータを元に
EVM (Earned Value Management:出来高管理システム) を集計、計算し、
チャートグラフを表示するプラグインです。
算出したEVMを元に、SPI (Schedule Performance Index:スケジュール効率指数)、
CPI (Cost Performance Index:コスト効率指数)もグラフ化します。

- フィルタに[バージョン]が指定されている場合
   該当プロジェクト内のチケットから、指定されたバージョン毎に紐づく[期日]が
   一番遅いチケットがクリティカルパスになります。

- クリティカルパスを複数表示する場合
  各グループの[期日]が最遅のチケットがクリティカルパスとなります。

基本となる指標の算出方法

PV (Planned Value:計画上の出来高)
PV = 各チケットの期日を基準とした「予定工数」の累計

AC (Actual Cost:実際にかかったコスト)
AC = 各チケットの「作業時間の記録」の累計

EV (Earned Value:完成している実績値)
EV = 各チケットの進捗率と予定工数から算出した実績値の累計
EVを割り当てる基準日にチケットの実開始日、実終了日を使用します。

BAC (Budget at Completion:プロジェクト完了時総予算)
BAC = プロジェクト終了予定日のPV

EAC (Estimated at Completion:ACから予測する完成時コスト)
EAC = AC + { (BAC - EV) / CPI }

利用時の事前条件

各チケットに、下記の情報が全て入力されていることで、正しく計算されます。

  • 開始
  • 期日
  • 進捗率
  • 予定工数
  • 実績工数

日にち毎の集計値確認方法

マウスをホバーさせることで、日にち毎の集計値を確認することができます。

ベースライン比較

上部のフォームにて、タイプに「ベースライン比較」を選択し、
比較する2つの基準日を入力して、適用リンクをクリックすると、
2つの基準日のEVMを重ねて表示します。

スケジュール効率、コスト効率の確認

SPI (Schedule Performance Index:スケジュールから見た効率指数)
およびCPI (Cost Performance Index:コストから見た効率指数)は
自動集計され、表示されます。

各効率指数算出式

  • SPI = EV / PV
  • CPI = EV / AC