Lychee Gantt Chart Pro マニュアル


クリティカルパス表示

ガントチャート上にクリティカルパスを表示することできます。
ガントチャート上の「オプション」のクリティカルパス項目「表示」にチェックを入れます。

クリティカルパスを複数表示する場合は「複数クリティカルパス」を表示するに
チェックを入れます。

クリティカルパスのグルーピング
以下の条件のチケットを単一のグループ郡とみなします
- 先行後続で関連づけされている一連のチケット

クリティカルパスの判定
- フィルタに[バージョン]が指定されていない場合
  該当プロジェクト内の全チケットから、[期日]が一番遅いチケットがクリティカ
  ルパスになります。

- フィルタに[バージョン]が指定されている場合
   該当プロジェクト内のチケットから、指定されたバージョン毎に紐づく[期日]が
   一番遅いチケットがクリティカルパスになります。

- クリティカルパスを複数表示する場合
  各グループの[期日]が最遅のチケットがクリティカルパスとなります。

クリティカル パス 余裕期間の設定

余裕期間とは先行のチケットをクリティカルパスに含めるかどうかの基準日数です。余
裕期間の設定は、各プロジェクトの設定>クリティカルパス から行います。

「クリティカルパスに該当するチケット」に先行するチケットで、

[遅延期間](先行チケットとの間隔)≦ [余裕期間] 

となるチケットがクリティカルパスとなります。また、クリティカルパスに含まれるチ
ケット同士は、関連線の色が赤く表示されます。

実開始日、実終了日の登録

チケットの登録・編集画面で、実開始日、実終了日を登録することができます。
また、Lycheeガントチャート、Lycheeチケット関連図 各プラグインのチケット編集
フォームからも、同様に登録が可能です。

チケットに登録した実開始日、実終了日は、ガントチャート上に実線で表示されます。
実終了日に入力がない場合は、実開始日から本日日付までの実績線が表示されます。

ベースライン(スナップショット)機能

基準となるベースラインを保存します。画面右上の「ベースラインを保存」から行います。

保存した際の各チケットの開始日を期日を元に保存されます。 

保存したベースラインを表示する場合
オプションの「ベースライン表示」から行います。

表示するベースラインを選択し、適用を押します。
選択したベースラインが各チケットの下に青色のバーとなって表示されます。

マイルストーンの設定

Lycheeガントチャート画面のオプションから行います。
マイルストーンにチェックを入れると曜日の下に
マイルストーンの入力欄が表示されます。

マイルストーンの入力欄をクリックすると登録用のツールチップが表示されます。

名前を入力し、色を選択して保存すると保存した日付の欄に
マイルストーンが作成されます。

マイルストーンの詳細はマイルストーンにマウスオーバーすると表示されます。
また、ゴミ箱のアイコンをクリックすると削除することができます。

注意
マイルストーンは、拡大モードが「日別」の場合にしか登録できません。

編集モード機能

ガントチャート上部にある「編集モード」をクリックすると、編集モードになります。

編集モード中は、背景に斜線が表示されます。

編集モード中にチケット編集を行った結果を、
ガントチャートへ反映させたい場合は保存をクリックします。

反映させたくない場合は、
キャンセルをクリックすると元の状態に戻ります。

編集モードとは?
編集モードは、「試しにチケット情報を変更して、スケジュールが
どのように変わるか
を見てみたい」といった場合に有効です。
編集モード中は、チケット編集をしてもデー
タベースへの更新が行われず、
関係者宛のメール通知も発生しないため気軽にチケット
情報を編集できます。